先輩の声

キューブススタッフの仕事内容、
やりがい、
一日の流れを
ご紹介します。

スタッフ 写真

2018年入社
システムエンジニア
髙山 都旬子 Tokiko Takayama

プログラミングだけじゃない
システムエンジニアの仕事

私の所属するSI事業部はお客様の要望からシステムを提案し、そのシステムの設計、製造、および納品後の保守を行っています。私の主な業務はシステムの製造とテストです。開発言語はRubyとSwiftを使用しています。どちらの言語も開発にあたって初めて学んだ言語です。製造に入る前に、ある程度時間をとって製造で必要となる知識や技術を身に着けます。こういった技術の習得も仕事の一つです。作製するものはソフトウェアだけでなく、iPhone用のアプリケーションなど多岐にわたります。テストではテストケースの作成と実施の両方を行います。お客様にシステムを納品する前にシステムに不備がないかをチェックする重要な仕事です。

自分の仕事が社会の役に立つということを
実感でき、モチベーションになっています

私にとって一番のやりがいは自分の仕事が「社会の役に立っている」ということです。大学での研究は誰かの為という具体的な対象がなく、自分の研究が社会の役に立つという実感を得られませんでした。それに対し、SIの業務はお客様の要望に応えるという目的があるため、自分の仕事がどう役に立つのかということを直に感じることができます。また、お客様の声を直接いただく機会も多く、それが仕事へのモチベーションになっています。

スタッフ 写真

自由な雰囲気の中で
一人一人が仕事に真摯に向き合い業務に取り組んでいます

自由な雰囲気の会社です。規則もそれほど厳しくなく、仕事に関しても個人の裁量に任されている部分が大きいと思います。裏を返せば自分で自分を律することが求められます。手取り足取り教えてもらえるわけではないので、自主的に動かなければ成長は望めません。また、作業の見積もりやスケジュール管理を怠ればプロジェクトの遅延を招きます。自由な分それに伴う責任も大きくなるということです。一人一人が仕事に真摯に向き合い、キューブスを支える一員であるという自覚をもって業務に取り組んでいます。

一日の流れ