先輩の声

キューブススタッフの仕事内容、やりがい、一日の流れをご紹介します。

スタッフ 写真

2012年入社
システムエンジニア/トレーニングエンジニア
佐々木 基之 Motoyuki Sasaki

1つの部署に捉われない 時にはソフトウェアの設計や開発、 時にはトレーニングエンジニア

私はSI事業部に所属していますが、新入社員研修の時期は講師の仕事もしています。
SI事業部では主にソフトウェアの設計や開発に携わっています。講師業務では新入社員研修の他にセミナーにも登壇しています。 全くの未経験者からスキルをお持ちの方を相手に講義を行います。Java、Rubyなどの言語教育からビジネスマナーなどの社会人基礎まで幅広く対応しています。

インプットとアウトプットを意識 二足の草鞋だからやれること

受講者の方の「理解できた」という笑顔が一番のやりがいです。講師には臨機応変さが必要だと思います。 受講者の中にはテキストの説明だけでは理解できない方もいらっしゃいます。そのような時に開発経験を活かし、別の視点から説明します。 開発(インプット)と講師(アウトプット)を意識して正しく理解することは、自分を高めることができ、何より受講者の方の満足に繋がります。

スタッフ 写真

良くも悪くも自分次第 自分だからできることを仕事に!

良くも悪くも自分次第な会社だと思います。 少数精鋭だからこそ一人一人のスキルや行動が結果に直結します。このような環境を活かして積極的に取り組むのか、尻込んでしまうのか、全ては自分次第だと思います。規則など厳しくないため基本自由です。 自由には責任が伴います。やるときはやる、手を抜くときは抜く、メリハリを持って仕事に取り組める環境だと思います。

一日の流れ